2002年(平成15年) 5月7日 木曜日 第0002号 (C) Creation 2002 発行:東京工科大学 Creation http://member.kmrsolid.net/creation/

第三号

TOKYO UNIVERSITY OF TECNOLOGY

Creation

 

- 部員募集中 -

詳しくは Information を御覧ください

- サークル情報 -

-------------

5月予定

7
作品提出

14日
活動あり

 

21日
活動あり

28日
活動あり

 CG講座への質問、希望、その他のご意見ご感想は

こちらにどうぞ

- 編集後記 -

 Creationに入ったときのことを思い出します。まったくのCG初心者で、パソコンすらまともに触ったことがありませんでした。2年経って今はそれなりに使えるようになったと思いますが、CGの技術も結局はナアログの延長だということを思い知らされます。

 CGソフトを使うとできなかったことができてしまうこともあります。反対に言うと自分に出来ないことは、絶対に出来ないこともあるのです。よく言われることですが、CGはあくまで道具ということですね。

- バックナンバー -

12月

11月

 

 新入生の皆さんも少しは学校になれた頃でしょうか。飲み会も終わり、サークル活動の方も本腰入れていきます。この新聞はCGに関する話題を中心に皆さんのお役に立つ情報を掲載していきたいと思います。

 今回は新年度第一号ということで、基礎知識が中心となっています。

 企画会場では毎月、あるテーマが提案されます。それに沿ったCG作品を募集し展示していきます。原則的にはCreationメンバーのみの展示となりますが、外部参加者もOKです。

 さてお正月も近づいきましたが、第三回の課題は「故郷」。メンバーそれぞれの個性あふれる作品が集まりました

 今回の参加作品数は10作品です。

 次回テーマ予告:「雨」かもしれない。(w

 このコーナーでは、CG制作に役立つおすすめのサイト、または創作通信編集部によるCG講座、Tipsを掲載していきたいと思います。

 さて、今月は新入部員の方々も入ったことですし、CGに関する基礎知識を紹介していきたいと思います。「そんなのわかってるよ」と思われる方もいるかもしれませんが、どうぞ見てやってください。

 CG初心者の方は、まず意味のわからない用語にうんざりすることでしょう。その中のいくつかを紹介。

 RGB … これは少しコンピュータをいじったことがある人ならご存知のことと思います。パソコンのディスプレイは、赤(R)、緑(G)、青(B)、の三色を加法混色という方法で混ぜ合わせます。細かい説明は抜きにして、加法混色はRGBの成分が大きいほど白に近づいていきます。直感的に言うと普通の絵の具とは反対ですね。ちなみに印刷する場合はCMYKという減法混色を使いますが、これはまた後で。

 解像度 … パソコンのモニターに画像を表示するには、小さなドット(点)を光らせることで表示します。解像度は表示する細かさのことです。単位はdpi(Dot Per Inch) 。文字通り1インチあたりいくつのドットが詰まっているかということです。

 フィルタ … 主に2Dの画像処理ソフトで頻繁に使われる言葉です。フィルタとは率直に言うと、画像に特殊効果を施してくれる道具と思っていいでしょう。厳密にはいろいろな計算の結果なのですが、そのあたりは学校で教わってください。

 テクスチャ … 3Dでは必ず使う言葉ですが、2Dでも使います。主に3Dモデルの表面に貼り付ける柄や画像のことです。2Dでテクスチャを作り、3Dに貼り付けるというのが一般的です。

 これだけではまったく舌足らずですが、今回は以上です。もしわからない用語が出てきた場合は、下記のサイトなどが役に立つと思います。

 

 ここではネット上のお役立ち情報を調査しています。

 みなさんはパソコンで音楽とか聞いたりするでしょうか。人によってはなにか制作してる時にCDやmp3,midiなどを聞いていると思います。

 今回は、フリーのサウンドプレーヤーをいくつか紹介したいと思います。普段それほど気にしないものですが、たまにはいつもと違ったプレーヤー使ってみるのも良いものです。

 まず「Winamp」の紹介です。

このソフトは定番中の定番ですね。基本的な機能はほぼ備えていて、大半のサウンドファイルは聴くことが出来ます。ファイル情報、イコライザ、プレイリストが3つのウィンドウに分かれていて、使い勝手も悪くありません。動作は、多少重いと言ったところでしょうか。まとめると、可もなく不可もなくといってところです。

 次のプレーヤーは「Lilith」です。

 Winampに比べると動作が軽く、多少メモリを使う作業をしていても問題なく動くと思います。そして動作が軽い割にDSPエフェクトなどがあり、音質もなかなか。メモリを気にしている方はどうぞ。

 最後に紹介するのが「JetAudio Basic」です。製品版JetAudioのフリー版として公開されているものです。日本語化パッチもあります。

 フリー版だからといって大したことがないのかというとそうでもありません。音質、機能からいえば前の二つを大きく上回ります。イコライザのバンドも細かく、リバーブ、クロスフェードなどの調節も可能です。その他にもCDデータの抽出、書き込み、ファイル形式の変換など、そつなくこなせます。おまけにタイマーなどもついていて時間になると好きな音楽やアラームを鳴らす機能もあります。動作が重いのは唯一の難点ですが、今のPC性能なら問題ないでしょう。ヘッドホンでCDを聞いている人なら、ROMドライブからこのソフトをプレーヤーとして聞くと良い音が楽しめます。

 さきほどから「動作が重い」などと言っていますが、ウェブに載せる画像を制作するぐらいならばPhotoshopと併用してもまったく問題ありません。

 第三回  わがままの代償は

 休みというのは、良いのか悪いのかわかりませんね。ゴールデンウィークは長期休暇ともいえないですし。結局いろいろやること、やりたいことがあってゆっくりできないものです。

 長期休暇に入るといつも思うのですが、自分はわがままだと思います。とは言っても、他人から見てそうというわけではありません。自分に対してわがままなんですよ。

 挑戦してみたいことは尽きないもので、いつも「時間さえあればな」などと自分自身に言い訳しています。まあ、悪いことではないのでしょうが、ひとつのことに興味を持つとそれに派生したことまでやりたくなるようです。まるで駄々をこねる子供のようなもので、あれもしたい、これもしたい、ときりがない。

 今考えてみると、なにかひとつに打ち込んでる人が羨ましいです。もう少し早くこの「わがまま」を卒業していれば、今とは違う自分がいたのかもしれませんね。ただ考えようによっては、今わがままでいられることはありがたいことなのかもしれません。人生、遅すぎた、なんてことはないと信じたいです。

 時間を使ってわがままをする。代償といえば代償なのかもしれません。それが礎になるかごみになるかは、自分の考え方一つなのでしょう。やれる時ぐらい好きなことを思いきりやりたいものです。

西の