2003年(平成15年) 7月18日 金曜日 第0005号 (C) Creation 2003 発行:東京工科大学 Creation http://member.kmrsolid.net/creation/

第五号

TOKYO UNIVERSITY OF TECNOLOGY

Creation

 

- 部員募集中 -

詳しくは Information を御覧ください

- サークル情報 -

-------------

8月予定

なし

 CG講座への質問、希望、その他のご意見ご感想は

こちらにどうぞ

- 編集後記 -

 締め切りのギリギリまで作業に取り掛からない結果、いつも泣きを見るのはわかりきっていることです。
 そうはわかっていても、事前にやっておくというのは、なかなか難しいものです。
 まあ、その締め切りが自分の中でどれほど重要なのかにも寄りますけど。
 大切なのはそれが守らなくてはいけない締め切りなのか、自分を戒めるための締め切りなのかということです。後者を破っても、俺って駄目だな、って思うぐらいでいいのですが、前者を破ると信頼がなくなるので要注意ですね。
 でも重要度はともかくとして、自分を戒める締め切りを守る方がはるかに難しいように思える今日この頃です。

- バックナンバー -

6月

5月

12月

11月


 企画会場では毎月、あるテーマが提案されます。それに沿ったCG作品を募集し展示していきます。原則的にはCreationメンバーのみの展示となりますが、外部参加者もOKです。

 第五回の課題は「スポーツ」。メンバーそれぞれの個性あふれる作品が集まりました。

 今回の参加作品数は〇〇です。

 次回テーマ予告:「×××」

 ここではネット上のお役立ち情報を調査、紹介していきます。

 自分で描いたCGイラスト、何かに利用したくないですか?せっかく作ったんですからいろいろなことに利用しちゃいましょう。

 今回は自分で作ったCGイラストなどを簡単に携帯電話の壁紙にできるページを紹介します。モバイルフォトメーカーさんです。こちらのサイトでjpeg、gif、bmp、pngの画像ファイルをiモード、Jスカイ、Ezwebの壁紙に変換、ダウンロード(送信)できます。

 このページを利用して、オリジナリティあふれる自分専用壁紙を作ってみてはいかがでしょうか?

 モバイルフォトメーカー

第五回 コア演習を終えて

 先日、3年生の前期コア演習が終わりました。コア演習というのは、半年間でひとつ、なにかプロジェクトをこなす授業です。
 コア演習の中にはいろいろなものがあるのですが、自分が前期に取ったものは3Dアニメーション。大変だと言われている演習のひとつです。人気がありそうな授業ですが、今年は定員割れしていたそうで、希望した人はみんな受けられたようです。これも大変だという噂が流れた結果ですがね。

 それでこの授業を受けた感想としては、やはり大変でしたw 土日をのぞき、ほぼ毎日、6時過ぎまで演習室にこもったでしょうか。チームでの作業は思ったより大変だし。それに加え、六回もプレゼンがあるので神経も擦り減ります。なんと言っても、あの威圧感たっぷりの金子教授がプレゼンを聞いてるのが・・・w

 まあ、終わった今となっては、受けといてよかったかな、と思います。技術はもちろん身につきましたが、それ以上に、あの演習を乗り切ったというのがうれしいです。今後、きっと役に立ってくれることでしょう。個人作品を作る意欲も湧いてきましたし。

 コア演習は良く考えて選んだ方がいいですよ。やめておくのもまた勇気。そんな気がします。
 ちなみに後期の演習はLinuxサーバー演習です。CGとはまったく関係ない演習ですが、CGの次くらいに興味あるんですよねw 器用貧乏にならなければいいけどね。まあなんにもできないよりはいいか。

西の  


 このコーナーでは、CG制作に役立つおすすめのサイト、または創作通信編集部によるCG講座、Tipsを掲載していきたいと思います。

 第五回 パスの使い方

 今回はPhotoshopのパスツール使用方法をまとめてみました。 先頃の講義でやったように、パスは綺麗な曲線を引いたり、好きな形の選択範囲を作ったりする事ができるわけです。

 上の万年筆みたいなマークがツールバーにあると思いますが、それがパスツールのアイコンです。

 パスツールを選択したら、ウィンドウ左上のところは左図のようにすることをおすすめします。使いどころによっては変わってきますが、パスを編集したりするのはこちらの方が良いと思います。

 次にキャンバスに適当なパスを引いていきます。
 左クリックで一点をクリックして、そのままドラッグすると変な線が上下、または左右に伸びていくと思います。それはハンドルという線で、曲線の丸みを決めるものとでも思ってもらえれば良いかと。打った点のことは「コントロールポイント」と言います。
 ちなみにどうすれば思い通りの線になるかなどは、とにかくやってみるしかないかと思いますので、がんばってください。
 パスの形が決まったら、ウィンドウ左上の「」マークで確定します。「×」マークはパスの取り消し。
 

 コントロールポイントを編集するには、各ポイントを選択しなければなりません。選択方法はパスツールのままCtrl+左クリック。複数のポイントを選択する場合はCtrl+Shift+左クリックです。
 ポイントを移動する時は、Ctrl+左クリックしたまま、ドラッグしてください。
 ハンドルの向きや長さを変えたりするのは、ハンドルの端っこの黒点をAlt+左クリックしたまま、ドラッグしてください。
 コントロールポイント上でAlt+左クリック(ドラッグはいらない)をすると、ハンドルが無くなって、角張ったものができます。

 上のような感じでパスを編集したら、パス上で右クリックでなどをして、塗りつぶしなり、輪郭線を引くなり、選択範囲を作るなりしてください。パスは練習あるのみですね。
 ※他にもパスを操作する方法はあります。調べてみてね。